■登山の心得
・登山は余裕を持って
・車中泊
・登山と食事1
・ステップアップしていこう
・雨の対処法
・下山中の注意事項
・他人をよく観察しよう
・休憩の重要性
・登山と写真
・登山前の注意事項
・登山届けは必ず提出する
・山岳保険に入る
・登山計画はいくつも立てておく
・マップは事前に頭に入れる
・登りたい山を把握しよう
・時には諦める事も必要
・酸素欠乏症について
・酸素不足に対する生体の反応
・低酸素症(高山病)の後遺症
・野糞の覚悟・・・
■登山のトレーニング
・登山後のケア
・登山前に行うこと
・登山の筋肉トレーニング
・ジムでのトレーニング
・スクワットについて
・登山とダイエット
■登山の道具
・登山と熊よけグッズ
・登山と雨具
・登山と腕時計
・帽子・ヘルメット
・登山靴・トレッキングシューズ
・ボトル・水筒
・バーナー
・登山と車選び
・カメラ
・超軽量五徳の作り方
・トレッキングポール
・登山靴下の重要性
■動物の対処
・熊に出会った場合の対処
・野犬に出会った場合の対処
・蛇に出会った場合の対処
・蜂に襲われた場合の対処
・アブに襲われたときの対処
・蛭に襲われた時の対処
■登山用語
・ガスる
・目印
・森林限界
・歩行食
・馬の背
・水場
・鎖場
■登山の危険性
・火山での対処
・滑落の危険性
・突風の危険性
・遭難の危険性
・硫化水素の危険性
■登山と食事
・歩行食
・山小屋での食事
・登山と水分補給
・水場
・水の補充について
・登山後の食事
・食事と虫
・調味料は最小限に
■登山と病気
・登山と日焼け
・登山と高山病
・登山と低体温症
・登山と怪我
・登山と筋肉痛
・登山とむくみ
■日本百名山体験記
・浅間山
・美ヶ原
・御嶽山
・乗鞍岳
・岩木山
・木曽駒ヶ岳
・伊吹山
・久住山(九重山)
・祖母山
・阿蘇山(九州)※未到達
・荒島岳
・剣山
・石鎚山
・大台ヶ原
・天城山
・焼岳
■写真館
・山
・森
■裏技・知恵集
■装備の軽量化
・財布の軽量化
・マップケースの軽量化
・調味料の軽量化

初心者おすすめ百名山登山wiki

時には諦める事も必要

登山は「死亡するリスクの高いスポーツ」であると言えます。

知人曰く「スポーツは競い合うモノ、登山はスポルト、だ」と言われました。
自分自身との戦いということですね。

日帰り登山で7時間ほど歩くと、65kgの私の体重が2kg減って63kgまで落ちます。
体重がそれだけ落ちると言うことは、それだけ過酷な運動と言うことになりますね。
登山時は口から摂取する食料分のカロリーでは追いつかず、体の脂肪分を燃焼させてエネルギーにすると言います。

一日の必要カロリーのおよそ3倍を消費すると言いますから、食べ物からの摂取ではカロリー補充が追いつかないのですね。
また水も日帰りで1.5~2リットルほどは必要となります。
これら食べ物や飲み物が尽きたとき・・・結果は目に見えていますね。

登山用品を選択するとき、安価な製品に目が行ってしまいその「耐久性」がおろそかにされる事があります。
登山の場合、なによりも「信頼性」を重要視しましょう。
もし、命を繋ぐのに必要な製品が、登山中に壊れてしまったら・・・・?
それは即、命の危険に直結するのです。

例えばぺらっぺらなペットボトルに入ったミネラル水の容器が破損したら、500mlもの水を即座に失うことになります。
耐久性のないバーナーが壊れたら、火をおこす事ができず、調理が難しくなる。
100円ショップで販売しているような雨合羽しかないような状態で雨に降られたら、蒸れて蒸れて行動が不可能になってしまう。

このような想定しうるアクシデントは、きちんとした製品を選ぶことである程度防ぐことができるでしょう。


あなたが初心者だった場合、もしもこの画像のような道が現れたらどうしますか?

これは四国の石鎚山の山頂、天狗岳へ至る最後の道となります。

石鎚山は登山ガイドブックには「初心者向け」と書いてありますが、この天狗岳に至る道だけはとても初心者向けではない。
おそらくは登山経験のあまり無いであろう少女やおばさんが、体を震わせ、四つん這いになりながら進み、途中で身動きできなくなってしまうような光景を、目にしました。
私も天狗岳へ下る3m程の鎖で震え、天狗岳への最後の道で四つん這いになり、崖下を見て震え上がりました。

私は百名山攻略を目指していますが、正直ここの三角点は目指すべきでは無かったと思う。
結果的に最後まで登り切った訳ですが、今の私のレベルでは無理があった。
手前の神社の所までは、初心者でも難なくクリアーできるルートだったので、ここまでで「諦めておけばよかった」と、天狗岳に挑み始めてから後悔しました。


石鎚山は画像のように、切り立った崖を登っていく鎖場があります。
登山経験が20回程と、ようやく初心者から初級者へとランクアップしたかな?というレベルの私は、鎖場を即諦めてエスケープルートへ入った。
人に馬鹿にされようと、私は「百名山を攻略する事」が目的であって、命がけで鎖場を登っていく事は目的ではなかったためです。

あえて自分の目標を低く設定することで、難易度の高いルートを諦めやすくするというのも手、ということです。
「ロープウェイやリフトを使わず下から登る」という根性はすばらしいですし、それこそが登山だと私も思うのですが、自分の年齢や過去の体の故障などを考えると、やはり安全で楽な方法を私は選びます。

特に、天候が悪化して雨や強風に襲われたときなどは、素直に諦めて下山する勇気を持ちましょう。
生きていれば、次回があるのですから。







<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[時には諦める事も必要->a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
登山の心得
登山のトレーニング
登山の道具
動物の対処
登山用語
登山の危険性
登山と食事
登山と病気
日本百名山体験記
写真館
裏技・知恵集
装備の軽量化



Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。