■登山の心得
・登山は余裕を持って
・車中泊
・登山と食事1
・ステップアップしていこう
・雨の対処法
・下山中の注意事項
・他人をよく観察しよう
・休憩の重要性
・登山と写真
・登山前の注意事項
・登山届けは必ず提出する
・山岳保険に入る
・登山計画はいくつも立てておく
・マップは事前に頭に入れる
・登りたい山を把握しよう
・時には諦める事も必要
・酸素欠乏症について
・酸素不足に対する生体の反応
・低酸素症(高山病)の後遺症
・野糞の覚悟・・・
■登山のトレーニング
・登山後のケア
・登山前に行うこと
・登山の筋肉トレーニング
・ジムでのトレーニング
・スクワットについて
・登山とダイエット
■登山の道具
・登山と熊よけグッズ
・登山と雨具
・登山と腕時計
・帽子・ヘルメット
・登山靴・トレッキングシューズ
・ボトル・水筒
・バーナー
・登山と車選び
・カメラ
・超軽量五徳の作り方
・トレッキングポール
・登山靴下の重要性
■動物の対処
・熊に出会った場合の対処
・野犬に出会った場合の対処
・蛇に出会った場合の対処
・蜂に襲われた場合の対処
・アブに襲われたときの対処
・蛭に襲われた時の対処
■登山用語
・ガスる
・目印
・森林限界
・歩行食
・馬の背
・水場
・鎖場
■登山の危険性
・火山での対処
・滑落の危険性
・突風の危険性
・遭難の危険性
・硫化水素の危険性
■登山と食事
・歩行食
・山小屋での食事
・登山と水分補給
・水場
・水の補充について
・登山後の食事
・食事と虫
・調味料は最小限に
■登山と病気
・登山と日焼け
・登山と高山病
・登山と低体温症
・登山と怪我
・登山と筋肉痛
・登山とむくみ
■日本百名山体験記
・浅間山
・美ヶ原
・御嶽山
・乗鞍岳
・岩木山
・木曽駒ヶ岳
・伊吹山
・久住山(九重山)
・祖母山
・阿蘇山(九州)※未到達
・荒島岳
・剣山
・石鎚山
・大台ヶ原
・天城山
・焼岳
■写真館
・山
・森
■裏技・知恵集
■装備の軽量化
・財布の軽量化
・マップケースの軽量化
・調味料の軽量化

初心者おすすめ百名山登山wiki

カメラ

苦しい思いをして山に登り、最高の景色を写真におさめる。

これぞ登山の醍醐味!

私はCanon Kiss EOS x5を使用しています。
いわゆるデジイチといわれるタイプのカメラですね。
本体重量は500g+レンズと、山に持っていくにはやや重いのが難点ですが、とてもきれいな写真が撮れるので無理してでも持っていく。


[軽量コンパクトになったKISS X6!しまった!こっちを買っておけば良かった・・・]


記念写真的な使い方だけなら、スマホの写真でもよいでしょう。
御嶽山に登っていたころは「まぁ山頂で山に登った記念写真が撮れればいいや」程度にしか考えていなかったので、SH06Eという格安スマホの写真で満足していました。

[シャープから発売された傑作SIMフリー対応格安スマホ。当時2万弱というお手頃な価格で防水機能付き]

が、下山した後にパソコンで写真を確認したところ、もうも画質が悪い・・・。
まぁ所詮スマホのカメラですからね。仕方ないといえば仕方ないところ。

[御嶽山にてSH06Eスマホで撮影。やはりノイジーである]


この反省を踏まえて浅間山ではデジタル一眼レフカメラであるx5を持っていき撮影したところ、満足いく画像が撮れました。
以降はデジイチを欠かさず持っていきます。

[祖母山山頂にてKiss EOS x5で撮影]


経験上、多少の雨程度ならば問題なく機能しますが、あまり雨に濡れるのもよくないでしょう。
そういった意味では防水タイプのコンパクトデジカメが最も登山に向いているのかもしれません。
コンパクトタイプならば重量200g程度、防水性能のある機種ならば突然の雨も安心。
標準でズーム機能がついている機種が大半でしょうし、マクロも十分撮れる。
画質的にはデジイチには劣りますが、全体的なバランスを考えて防水タイプのコンパクトデジカメが登山には向いていると思いますよ。


[今回、ゲットしたパワーショットG9X]

色々と考えた結果、キャノンのパワーショットG9Xにたどり着きました。
200g程度で小型軽量、大型センサーにより画質も上質!ということなし。
ただし防水機能は・・・・なので、降雨時は大切にしまっておくことにします。ジップロックにつつんで、ね。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[カメラ->c]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
登山の心得
登山のトレーニング
登山の道具
動物の対処
登山用語
登山の危険性
登山と食事
登山と病気
日本百名山体験記
写真館
裏技・知恵集
装備の軽量化



Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。