■登山の心得
・登山は余裕を持って
・車中泊
・登山と食事1
・ステップアップしていこう
・雨の対処法
・下山中の注意事項
・他人をよく観察しよう
・休憩の重要性
・登山と写真
・登山前の注意事項
・登山届けは必ず提出する
・山岳保険に入る
・登山計画はいくつも立てておく
・マップは事前に頭に入れる
・登りたい山を把握しよう
・時には諦める事も必要
・酸素欠乏症について
・酸素不足に対する生体の反応
・低酸素症(高山病)の後遺症
・野糞の覚悟・・・
■登山のトレーニング
・登山後のケア
・登山前に行うこと
・登山の筋肉トレーニング
・ジムでのトレーニング
・スクワットについて
・登山とダイエット
■登山の道具
・登山と熊よけグッズ
・登山と雨具
・登山と腕時計
・帽子・ヘルメット
・登山靴・トレッキングシューズ
・ボトル・水筒
・バーナー
・登山と車選び
・カメラ
・超軽量五徳の作り方
・トレッキングポール
・登山靴下の重要性
■動物の対処
・熊に出会った場合の対処
・野犬に出会った場合の対処
・蛇に出会った場合の対処
・蜂に襲われた場合の対処
・アブに襲われたときの対処
・蛭に襲われた時の対処
■登山用語
・ガスる
・目印
・森林限界
・歩行食
・馬の背
・水場
・鎖場
■登山の危険性
・火山での対処
・滑落の危険性
・突風の危険性
・遭難の危険性
・硫化水素の危険性
■登山と食事
・歩行食
・山小屋での食事
・登山と水分補給
・水場
・水の補充について
・登山後の食事
・食事と虫
・調味料は最小限に
■登山と病気
・登山と日焼け
・登山と高山病
・登山と低体温症
・登山と怪我
・登山と筋肉痛
・登山とむくみ
■日本百名山体験記
・浅間山
・美ヶ原
・御嶽山
・乗鞍岳
・岩木山
・木曽駒ヶ岳
・伊吹山
・久住山(九重山)
・祖母山
・阿蘇山(九州)※未到達
・荒島岳
・剣山
・石鎚山
・大台ヶ原
・天城山
・焼岳
■写真館
・山
・森
■裏技・知恵集
■装備の軽量化
・財布の軽量化
・マップケースの軽量化
・調味料の軽量化

初心者おすすめ百名山登山wiki

蜂に襲われた場合の対処

日本にはスズメバチという、世界最大の毒蜂がいます。
攻撃性も凶暴で、毒も協力なので注意が必要ですね。

蜂類は大型のものは羽ばたく際の独特の風切り音(ブゥゥン)がするので、近くにいると分かります。
こういった場合は少し離れて、毒蜂かそうでないかを判断しましょう。

風切り音の大きい蜂にクマンバチがいますが、性格はおとなしく積極的にこちらを襲ってくる事はありません。
毒をもっているのはメスのみで、仮に刺されてもそれほど大事には至らないと言います。

蜂の毒は1度目はそれほど症状が悪化しませんが、2度目はアナフィラキシーショック(急性なアレルギー反応)が起きるため、注意が必要。
一度蜂にさされたら、その蜂をよく覚えておいて、二度目は刺されないよう警戒すべき。

もしも蜂にさされたら、毒を吸い出すためにポイズンリムーバーを使用しましょう。

吸い出しにくいときは、カミソリで傷口を開く。
その場合は刃物の消毒を忘れずに。
土やサビが付いた刃物でそのまま傷口を開くと、破傷風になる恐れがあります。

蜂はこちらが攻撃的な態度を取ると襲いかかってきます。
なので手で振り払ったり棒をふりまわしたりという行動は逆効果となるので、静かにその場を去ることが最もよい対処法でしょう。

蜂類は黒いものをめがけておそってくる習性があるものが多いため、あまり黒いものを身につけない方が良いとされています。
とくに重要な頭部は黒髪めがけておそってくる事になりますから、黒以外の色の帽子をかぶるべきですね。
また、昆虫の習性上、光るものにむらがる習性がありますから、ライトなど光を放つものはあまり使わないのが吉。






<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[蜂に襲われた場合の対処->d]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
登山の心得
登山のトレーニング
登山の道具
動物の対処
登山用語
登山の危険性
登山と食事
登山と病気
日本百名山体験記
写真館
裏技・知恵集
装備の軽量化



Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。