■登山の心得
・登山は余裕を持って
・車中泊
・登山と食事1
・ステップアップしていこう
・雨の対処法
・下山中の注意事項
・他人をよく観察しよう
・休憩の重要性
・登山と写真
・登山前の注意事項
・登山届けは必ず提出する
・山岳保険に入る
・登山計画はいくつも立てておく
・マップは事前に頭に入れる
・登りたい山を把握しよう
・時には諦める事も必要
・酸素欠乏症について
・酸素不足に対する生体の反応
・低酸素症(高山病)の後遺症
・野糞の覚悟・・・
■登山のトレーニング
・登山後のケア
・登山前に行うこと
・登山の筋肉トレーニング
・ジムでのトレーニング
・スクワットについて
・登山とダイエット
■登山の道具
・登山と熊よけグッズ
・登山と雨具
・登山と腕時計
・帽子・ヘルメット
・登山靴・トレッキングシューズ
・ボトル・水筒
・バーナー
・登山と車選び
・カメラ
・超軽量五徳の作り方
・トレッキングポール
・登山靴下の重要性
■動物の対処
・熊に出会った場合の対処
・野犬に出会った場合の対処
・蛇に出会った場合の対処
・蜂に襲われた場合の対処
・アブに襲われたときの対処
・蛭に襲われた時の対処
■登山用語
・ガスる
・目印
・森林限界
・歩行食
・馬の背
・水場
・鎖場
■登山の危険性
・火山での対処
・滑落の危険性
・突風の危険性
・遭難の危険性
・硫化水素の危険性
■登山と食事
・歩行食
・山小屋での食事
・登山と水分補給
・水場
・水の補充について
・登山後の食事
・食事と虫
・調味料は最小限に
■登山と病気
・登山と日焼け
・登山と高山病
・登山と低体温症
・登山と怪我
・登山と筋肉痛
・登山とむくみ
■日本百名山体験記
・浅間山
・美ヶ原
・御嶽山
・乗鞍岳
・岩木山
・木曽駒ヶ岳
・伊吹山
・久住山(九重山)
・祖母山
・阿蘇山(九州)※未到達
・荒島岳
・剣山
・石鎚山
・大台ヶ原
・天城山
・焼岳
■写真館
・山
・森
■裏技・知恵集
■装備の軽量化
・財布の軽量化
・マップケースの軽量化
・調味料の軽量化

初心者おすすめ百名山登山wiki

登山と日焼け

まずは身近な病気?である日焼けについて。
高い山に登ると、下界と比べてかなり紫外線が強いことに驚かされます。
それだけ太陽に近いと言うことでしょうか。
当然、日焼け止めクリームはたっぷり塗りましょう。

日焼け止めクリームは効果の持続時間が限られていますから、定期的に塗り直すこと。

そういえば、私が木曽駒ヶ岳に登頂したとき、まだ初心者でした。
夏の高山の紫外線の強さについて認識が甘かったため、ろくな日やけ止め対策もせず、半そでTシャツで登山しました。
家に帰ってから鏡を見ると、首回りと腕が真っ赤っか。
風呂にはいると痛くてたまらない!

私は必死に冷水で患部を冷やし、母から日焼けケアの薬をもらって塗りたくりました。

日焼けしたときはとにかく冷やす。

この痛い経験から、登山の際は必ず長袖着用。
首回りは日焼け止めクリームをたっぷりと塗り、タオルなどで保護する。
帽子は麦藁帽子のように全周につばのあるものを着用、などなど、日焼け止め対策を徹底しました。


また、紫外線は目にもダメージを与えますから、UVカットタイプのサングラスを着用するようにしましょう。
特に冬場の積雪時には、雪に太陽の光が当たって目が火傷しますから、十分な性能のメガネを着用すること。



日焼け後は徹底的に冷やすのが重要。
ビニール袋に氷と水を入れたものを患部にあてたり、アイスノンなどあれば使う。
冷水で濡らしたタオルも良いですね。

薬剤の入った冷えピタなどは刺激になるので避けましょう。
女性の場合はメイクなどは止めて皮膚への刺激を避ける。

また、日焼けは火傷なので脱水症状をおこしやすいため、水やポカリなどで十分水分補給すること。

日焼け後は肌が弱くなっているため、再度日焼けするような事は避けましょう。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[登山と日焼け->g]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
登山の心得
登山のトレーニング
登山の道具
動物の対処
登山用語
登山の危険性
登山と食事
登山と病気
日本百名山体験記
写真館
裏技・知恵集
装備の軽量化



Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。