■登山の心得
・登山は余裕を持って
・車中泊
・登山と食事1
・ステップアップしていこう
・雨の対処法
・下山中の注意事項
・他人をよく観察しよう
・休憩の重要性
・登山と写真
・登山前の注意事項
・登山届けは必ず提出する
・山岳保険に入る
・登山計画はいくつも立てておく
・マップは事前に頭に入れる
・登りたい山を把握しよう
・時には諦める事も必要
・酸素欠乏症について
・酸素不足に対する生体の反応
・低酸素症(高山病)の後遺症
・野糞の覚悟・・・
■登山のトレーニング
・登山後のケア
・登山前に行うこと
・登山の筋肉トレーニング
・ジムでのトレーニング
・スクワットについて
・登山とダイエット
■登山の道具
・登山と熊よけグッズ
・登山と雨具
・登山と腕時計
・帽子・ヘルメット
・登山靴・トレッキングシューズ
・ボトル・水筒
・バーナー
・登山と車選び
・カメラ
・超軽量五徳の作り方
・トレッキングポール
・登山靴下の重要性
■動物の対処
・熊に出会った場合の対処
・野犬に出会った場合の対処
・蛇に出会った場合の対処
・蜂に襲われた場合の対処
・アブに襲われたときの対処
・蛭に襲われた時の対処
■登山用語
・ガスる
・目印
・森林限界
・歩行食
・馬の背
・水場
・鎖場
■登山の危険性
・火山での対処
・滑落の危険性
・突風の危険性
・遭難の危険性
・硫化水素の危険性
■登山と食事
・歩行食
・山小屋での食事
・登山と水分補給
・水場
・水の補充について
・登山後の食事
・食事と虫
・調味料は最小限に
■登山と病気
・登山と日焼け
・登山と高山病
・登山と低体温症
・登山と怪我
・登山と筋肉痛
・登山とむくみ
■日本百名山体験記
・浅間山
・美ヶ原
・御嶽山
・乗鞍岳
・岩木山
・木曽駒ヶ岳
・伊吹山
・久住山(九重山)
・祖母山
・阿蘇山(九州)※未到達
・荒島岳
・剣山
・石鎚山
・大台ヶ原
・天城山
・焼岳
■写真館
・山
・森
■裏技・知恵集
■装備の軽量化
・財布の軽量化
・マップケースの軽量化
・調味料の軽量化

初心者おすすめ百名山登山wiki

剣山


私に取ってGW初日の2016年5月1日。
淡路島のサービスエリアで車中泊をし、4時頃に起床した。
その後、顔を洗いトイレを済ませた後、サービスエリアを後にする。
下道を走って剣山のリフト乗り場についた時は、7時頃であった。
が、リフトの始発が8:40からだったので、1時間以上待つことに・・・。


ここがロープウェイ乗り場。
見の越駐車場から徒歩5分程度。
駐車場にはトイレもありますし、周りには売店もあり、うどんやそばを食べられる食堂もあります。
標高1420m


GWということもあって、通常より早く運行が開始されていたようです。
このパターンは石鎚山でも同様で、GWなど混み合うことが予想されるときは、ロープウェイやリフトが通常より早く運行されるパターンが多いので、早めに並んでみるのがよいかと。


ロープウェイに乗り、いざ西島駅(1710m)へ。
所要時間は7分程?だったかな。あっという間です。
標高差が1710mー1420mで300m程ありますので、途中で耳鳴りがすることも。


暫くすると西島駅が見えてきます。


リフトからの眺め。
雲一つ無いほどの快晴。天候に恵まれました。


西島駅を降りてすぐに、看板が出ています。
大剣神社を経由するルートと、直接山頂に向かうルートがメインと思います。
私は神社を経由するルートを選択。


ここが登山口。


鳥居をくぐります。
山自体が神殿のようなもの。無礼のないように。


20分ほど歩くと、剣神社が見えてきました。
ここでお守りや御朱印を頂こうと思ったのですが、禰宜さん不在。
しかたないので、手を合わせた後、頂上を目指して登り始めます。


20分程あるくと、鳥居が見えてきます。


山頂神社。剣山本宮。



本宮の右手には、社務所もあります。
ここは禰宜さんがおられましたので、御朱印を頂きました。
確か300円。
御朱印は、朱印帳を持って行って書いてもらうとかなり時間がかかりますので、私は書き置きの紙のものを頂いて、後で朱印帳へ貼り付けるようにしています。


本宮から3分程歩くと、山頂が見えてきます。
頂上にはテラスや三角点の案内板があります。
私は山頂へ直接向かいましたが、歩いて10分程度でした。


山頂からの光景。
足下は木板で通路が作ってあり、子供でも安心して歩けるようになっています。
雨の日は滑りやすくなりそうですから、注意してください。




石碑


山頂からの眺め。
なんとも、気持ちのいい程の晴れ模様。




三角点。


三角点からの眺め。
ゴールデンウイークということもあり、三角点付近は大勢の人で賑わっています。
ですが三角点付近が結構広く、足場も木板で組まれておりしっかりしているので、危険性は全くありません。
その点は安心ですね。


三角点の印。


私は山頂で30分程風景を眺めた後、帰路につきます。
明日は四国最高峰石鎚山へ挑みます。



山頂には綺麗なトイレがあります。
たいていの人は三角点を目指して歩いて行きますが、山頂トイレはどちらかというとテラス方面にあるので、気づかない人もいるかも。




<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[剣山->y]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
登山の心得
登山のトレーニング
登山の道具
動物の対処
登山用語
登山の危険性
登山と食事
登山と病気
日本百名山体験記
写真館
裏技・知恵集
装備の軽量化



Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。