■登山の心得
・登山は余裕を持って
・車中泊
・登山と食事1
・ステップアップしていこう
・雨の対処法
・下山中の注意事項
・他人をよく観察しよう
・休憩の重要性
・登山と写真
・登山前の注意事項
・登山届けは必ず提出する
・山岳保険に入る
・登山計画はいくつも立てておく
・マップは事前に頭に入れる
・登りたい山を把握しよう
・時には諦める事も必要
・酸素欠乏症について
・酸素不足に対する生体の反応
・低酸素症(高山病)の後遺症
・野糞の覚悟・・・
■登山のトレーニング
・登山後のケア
・登山前に行うこと
・登山の筋肉トレーニング
・ジムでのトレーニング
・スクワットについて
・登山とダイエット
■登山の道具
・登山と熊よけグッズ
・登山と雨具
・登山と腕時計
・帽子・ヘルメット
・登山靴・トレッキングシューズ
・ボトル・水筒
・バーナー
・登山と車選び
・カメラ
・超軽量五徳の作り方
・トレッキングポール
・登山靴下の重要性
■動物の対処
・熊に出会った場合の対処
・野犬に出会った場合の対処
・蛇に出会った場合の対処
・蜂に襲われた場合の対処
・アブに襲われたときの対処
・蛭に襲われた時の対処
■登山用語
・ガスる
・目印
・森林限界
・歩行食
・馬の背
・水場
・鎖場
■登山の危険性
・火山での対処
・滑落の危険性
・突風の危険性
・遭難の危険性
・硫化水素の危険性
■登山と食事
・歩行食
・山小屋での食事
・登山と水分補給
・水場
・水の補充について
・登山後の食事
・食事と虫
・調味料は最小限に
■登山と病気
・登山と日焼け
・登山と高山病
・登山と低体温症
・登山と怪我
・登山と筋肉痛
・登山とむくみ
■日本百名山体験記
・浅間山
・美ヶ原
・御嶽山
・乗鞍岳
・岩木山
・木曽駒ヶ岳
・伊吹山
・久住山(九重山)
・祖母山
・阿蘇山(九州)※未到達
・荒島岳
・剣山
・石鎚山
・大台ヶ原
・天城山
・焼岳
■写真館
・山
・森
■裏技・知恵集
■装備の軽量化
・財布の軽量化
・マップケースの軽量化
・調味料の軽量化

初心者おすすめ百名山登山wiki

美ヶ原

2014年10月24日
紅葉が真っ盛りな中、浅間山→草津白根山を経由し、美ヶ原へと至る。




美ヶ原へと至る道はその名の通り美しく、赤・黄・白・緑の葉で覆われた木々が、目を楽しませてくれる。
ふと車を止めて当たりを眺める。
途中、メロディロードという道がある。
道に凹凸があり、この凹凸の上をタイヤが通るとロードノイズにより音がでる。
法定速度で運転すると、音楽が車内に響き渡るという仕組みだ。


遠くには長野の山々が連なる。
紅葉に彩られた山々の姿は美しく、私はひとりうっとりとその景色を眺めていた。


美ヶ原の売店横まで来た。
季節的に11月も近く肌寒い。
車はまばらである。


売店。
ここで自分用のお土産に美ヶ原マグネットを購入。
私の家には模型用のクリアケースが置いてあり、その中に各地で購入したお土産を飾ってあるのだ。



売店のすぐ横の少し下がった場所に、登山者用の駐車場がある。
私はそこに車を移動。
登山口には観光マップが掲示してある。


登山口を通りひたすら歩く。
道的にはそれほど険しくも無く、ハイキングコースというほどの厳しさも無い。


門。
ここを通り過ぎて右手を見ると


開けた風景が見られる。
一人の青年が夢中でシャッターを切っていた。
紅葉の季節も終わりとはいえ、まだまだ美しい黄色の鮮やかさに目を奪われてしまう。


かなりの高所まで歩いてきた。

分岐路が。とりあえず王ヶ鼻までいこう。



当たりの景色は絶景。




王ヶ鼻神社と石像群のある場所についた。
かつてこの場所が山岳信仰の場所であったのだと思わせる。
すぐ側は切り立った崖だ。
落ちたら死ぬ。
だが、その崖の先端に立つと前方270度の範囲と上下180度の範囲で、長野の山々を眺められるという絶景のポイント。
紅葉により美しく山々が彩られている最高の季節と相まって、その感動は最高のものとなった。




それもそうか、これほどの美しい光景を、わたしは未だかつて見たことが無い。
美ヶ原でみたこの光景は、一生忘れることは出来ないだろう。


私はただ一人、その場に立ち尽くし、紅葉に彩られた長野の山々を見続けていた。

私は感動を胸に秘めながら、今度は王ヶ頭まで歩く。
ここが美ヶ原の最高峰である。

天候はやや曇り、時々雨。
風も強くなってきた。
10月末という時期と、雨と風。
私はモンベルのストームクルーザーを着用する。


王ヶ頭まで着いた。


王ヶ頭で撮影をする登山者。




パラパラと降り注ぐ雨は冷たいが、太陽の光がまばらな雲に遮られ、まるでシャワーのように降り注ぎは消えていく。
吹き飛ばされそうなほど強い風が上空の雲を動かし、天使の羽と呼ばれる太陽の光のシャワーが刻一刻と変化していくのだ。

美ヶ原は往復3h程の簡単な山。
標高差も100mと殆ど登山とは言えないが、その満足度は流石日本百名山に数えられる山であった。






<<<前の記事へ|後の記事へ>>>





■関連画像
[美ヶ原->y]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
登山の心得
登山のトレーニング
登山の道具
動物の対処
登山用語
登山の危険性
登山と食事
登山と病気
日本百名山体験記
写真館
裏技・知恵集
装備の軽量化



Copyright (c) 2004-2019 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。