マップは事前に頭に入れる

登山をする以上、どのくらいの時間がかかるのか、どの程度の標高差を登るのかといった登山行程は頭に入れておきたいですね。
また、主要な分岐路や施設の名称、水場など確認しておくべき事は沢山あります。

ここでは、事前にマップを「描き写す」ことをお勧めします。

<<1
四国石鎚山の登山マップ。
私の愛用している「日本百名山を登る」の1ページを印刷したモノ。

<<3
これをみながら、登山ルートを紙に描き写していきます。

<<2
マップとの比較。

<<4
左上は行きと帰りにどの程度の時間がかかるかを計算したものを記述。
右下には水場の有無や必要なお金など記載。

このようにして一度描き写しておくと、登山ルートが頭に入ってきやすいのでお勧めです。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です