伊吹山

初夏。
自宅から一番近い百名山と言うことで、伊吹山へ向かうことに。

本格的に百名山を目差そうと思ったきっかけの旅ですね。
私はこの頃アキレス腱をかなり痛めており、日常的な歩行は可能ですが登山なんてとてもとても・・・という状態でした。
なのでまぁ、9合目まで来るまで行っちゃえ、ということに。

<<1
9合目の駐車場。
伊吹山ドライブウェイは3000円という値段から、車もまばら。
まぁロープウェイとか使うこと考えるとやや高いですが、9合目まで一気にいけますし、当時の私のように足が弱い人間に取っては良い。

<<2
夕方頃につき、初めての車中泊で夜を明かすことに。
徐遠くには琵琶湖を眺めることが出来ますね。
Iphone3(ソフトバンク)を使用していましたが、場所によって電波が入るところと入らないところが。
車の中だと電波が入らないので、あたりをウロウロしていました。

<<3
伊吹山周辺の山々。

<<4
夕方。日が徐々に落ちていきます。
「あぁ、山っていいよなぁ」と感じる瞬間ですね。
なにやら銅像がたっていました。

<<5
沈む夕日。
この夕日を眺めた後、車中泊で夜を明かします。
夜中目覚めると、すごい霧がでていました。
トイレまで迷いながら進んだ覚えが。

<<6
朝。
早速出発ですね。
シーズンからややはずれているせいか、売店などは開いていないです。
まぁ時間が早いからかもしれませんが。

<<7


<<8

<<9
看板と登山口案内。

<<10
ひたすらこんな道を歩いて行きます。
アキレス腱を痛めている私にとってはかなりハード。
足を引きずりながらの登山となります。
周りの人は私をおかしく思ったかもしれませんね(笑)
でも仕方ないんや~

<<11
歩いて30分もすれば、山頂近くの山小屋が見えてきます。

<<12
宿泊施設も結構ありますね。
名古屋圏で一番近い百名山ともいうことで、人気の山。
昼間になれば観光客もどっと押し寄せてくることでしょう。

<<13
山頂付近到着!

<<14


<<15
いやぁ、登り切った!
よかったよかった。

この登山を契機に、私は百名山制覇を目指そう!と思い立つわけです。
幼少の頃から両親に連れられ阿蘇山や乗鞍・御嶽を登頂していましたが、あの頃からの夢ですね。

<<16

またくるよ、伊吹山!

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です