低酸素症(高山病)の後遺症

低酸素症(高山病)の後遺症としては、言語障害・運動障害・視野狭窄・四肢の麻痺・幻覚・健忘症がある。
そのため、高山病にかかった場合は「予後の管理」が重要である。
必ず医師の診断を受けること。

酸素欠乏症では脳の浮腫が急激におこり、意識回復後もこれが持続し、これによる脳血管の圧迫が脳の血流を阻害して酸素供給を妨げ、後遺症を加速度的に悪くする。

意識回復後は上半身を高く保ち安静にして、医師の診断をうけること。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です