御嶽山

忘れもしない2014年9月20日。
子供の頃に一度登ったことのある御嶽山へと再挑戦。
しかしこの1週間後、大変な事態に。
そう、9月27日にあの大噴火が起きてしまうのです。
ここでは1週間前の貴重な写真が掲載されている事になりますね。

<<1
登山口は鳥居をくぐっていくことになります。
この鳥居から、御嶽山までは一直線。ただただひたすら登ることに。

<<2
ある程度登ってから、登山口までを眺める。
結構登ってきたなぁ。天候にも恵まれ、登山日和といえますね。

<<3
途中、銅像があちこちにあります。
この山は不思議な山ですね。
この御嶽山のご祭神は国常立尊という神様で、日本はおろか世界の始まりを司るとされる最高神といわれる。
地球の神様なのですね。

<<4
八合目石室。
ここで休憩できますが、私は休憩せずにひたすら歩く!

<<5
ふと振り返ると・・・もうこんなにきました。

<<6


<<7
一口水。
水がしみ出していますね。わき水なのでそのまま飲めるでしょう。
貴重な水場、といえます。

<<8
案内看板。

<<9
山頂小屋まできました。
王滝神社まであるいて1分のところ。

<<10
ここから鳥居をくぐり御嶽山の山頂を目指すことになります。

<<11


<<12
御嶽山山頂が見えてきました。

<<13
王滝山頂。

<<14
御嶽神社。
信仰心の強い私は参拝していきます。

<<15
御嶽神社を経て、山頂へと向かう。
ここからは地面は細かい石で歩きづらい。
気が緩むと転倒しそうになるところを、ストックを使いながら一歩一歩歩いて行く。

<<16
剣ヶ峰山荘。
あの噴火でこのあたり一体は廃墟となってしまったのを、ニュース映像で見た方は多くおられると思います。
1週間前までは普通に人が行き来し、ここで500円のラーメンを食べ、皆山頂へと足を運んでいたのですが、あのような事態になり、心苦しく思います。

<<17
山頂へと向かう。
変なオブジェが沢山あります。

<<18
山頂の神社までもうすぐ!

<<19
振り返ると山荘の屋根が。
よくここまで登ってきたなぁ。

<<20
そして山頂の神社到着!

<<21
山頂の表示。
噴火1週間前の貴重な山頂写真です。

<<22


<<23

御嶽山を無事、登頂することが出来ました。
往復7時間ほどかかったと思いますが、この山はあちこちに銅像やオブジェなどあり、また山荘も多く楽しみながら登れる3000m級の山でした。
昔から山岳信仰の拠点として親しまれてきた山で、私もかつて子供の頃に登ったことがあります。
「またいつか登りたいな」と思っていたのですが、残念なことにこの1週間後の2014年9月27日に、噴火してしまいました。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です