登山と写真

山の風景というのは美しく、是非とも写真に残しておきたいと思うものです。

私も山に行くときは、Canonのデジタル一眼レフカメラを持って行きますね。
以前はスマートフォンのカメラで十分、と思っていたわけですが、画質の違いとズームの違いに気づき今はもっぱらでデジタル一眼レフというわけです。

私が所有しているスマートフォンはSHO6Eという機種で、写真画質も結構良い機種です。
スマートフォン自体に防水性能があるため、山でも安心して使っていけますね。

そう、防水性能が問題になってくるのです。

むかし、20年ほど前に友人とともに大峰山に登頂したことがありました。
友人はその当時5万円はする買ったばかりのコンパクトデジカメを山に持って行き、意気揚々と写真を撮りまくっていました。

が、下山後
「カメラが動かなくなった・・・」

デジカメは精密機器ですから、湿度が高くなる山の気候に耐えられなかった訳ですね。

山では天候が変わりやすい為、できれば防水性能に優れたカメラを持って行きたい。
タフな性能を持つカメラは結構売っています。

写真画質も当然重要ですが、山で使うカメラというのはよく考えて選ばないと後悔しますよ。

山に登る際は、重量も重要な要素の一つです。
私の所有する一眼レフは結構大きく、レンズもあるためかさばりあまり使い勝手はよくありません。
首からぶらさげて登るのですが、岩に当てたりして傷だらけになります。

元々旅先の写真を撮影するために購入したもので、山登りに使用するつもりはなかったのですが、他に良いカメラを持っているわけではないので仕方なく持って行きます。
できれば山専用のカメラを用意した方が良いようですね。

ある程度コンパクトで、防水性能に優れて、光学ズームも搭載している機種。
そして、山ではグローブをはめっぱなしにしているものですから、グローブをつけたままシャッターを切りやすい機種がよいでしょう。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です