登山と病気

登山をしていると、様々な病気にかかることがあります。
普段標高の低い場所に住んでいる人がほとんどでしょうから、標高の高い山に登るとさまざまな体の不調を請じてきます。

その最たるものが高山病ですね。

その他、強い紫外線による日焼けや熱中症、体を冷やす事による低体温症や凍傷など、対処をはじめとする間違えると重大な身体の損傷を招く危険な病気もあります。

ここでは、そんな様々な山に関わる病気の症状と、その対応方法について書いていきます。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です