登山と腕時計

登山をする場合に、色々と知りたい情報があります。
方位や温度、気圧、高度・・・。
こういった情報を即座に得られるのが、カシオのプロトレックシリーズですね。
私も最も安い機種ですが、一応プロトレックを所有しています。

DSC_1856

<<1
[私が所有しているプロトレック。安物で電波時計としての機能も無いですが、それでも必要十分の機能を持つ。画像は通常の時計モード]

プロトレックはトリプルセンサー内蔵で、温度・方位・気圧を知ることができます。
特に重要なのが気圧ですね。
気圧を知ることができるということは、高度を知ることができるという事です。

DSC_1857

<<2
[高度表示モード。誤差が大きいため、登山口に到着したらADJUSTボタンを長押しし、高度を補正する。]

今現在、自分がだいたいどの位置にいるかを把握できるのは登山では強みですね。
ただこの気圧計は結構誤差があるものなので、登山口など高度が表示してある所で高度あわせの調整をする必要がある点に注意してください。
調整自体は簡単にできます。

DSC_1858

<<3
[コンパスモード。右下の三つの印をNとするよう調整しておくと便利。]
また、コンパスは個別で持って行くでしょうが、故障や紛失の時のために、腕時計で方位が知れるのもよい。
私の所有している機種では若干普通のコンパスとは使い勝手が違うので、平時から読み方を学習しておくこと。
また、コンパス単体を腕時計に取り付けられるグッズも売っていますから、検討してみてください。

温度に関しては腕に付けた状態だと腕の温度を拾ってしまうため、腕から取り外して使う必要がある。
テントの中での温度確認に活用。

<<4
[温度と気圧表示モード。]

DSC_1859
astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です