登山計画はいくつも立てておく

山というのは、とかく天気が変わりやすいものです。
私の場合、天気予報で40%以上の降水確率が出ていれば、その山には行きません。

行きませんが、じゃぁ山をあきらめられるかというと、そうは行かない・・・。
やっぱ山登りたいんです。
すごく。

じゃぁどうするかっていうと、別の山に登るようにします。
なので題意に書いているように「登山計画はいくつも立てておく」必要があるんです。

<<1

たとえば今日のyahoo天気情報を確認。
あなたが名古屋在住として、土日の2日間の休みがあったとする。
登る予定は和歌山県の大台ヶ原とします。

金曜日の夜中に天気予報を確認したところ、どうも明日の天気予報は曇りか雨。
うーむ、どうも登山には不向きな日だな、ということになりますよね。

こういう場合、大台ヶ原の登山計画のみしか立てていないと、「じゃぁもうあきらめようかな」という事になってしまいがち。

でも私は別に福井県の白山・荒島山、愛知県の恵那山、長野の木曽駒ヶ岳、八ヶ岳など土日休みを利用して行ける山の登山計画をいくつも立てています。

なのでこの天気予報を見て、「福井の荒島・白山、長野の木曽駒あたりならいけるな」と判断し、迷わず計画を別のものに変更できる、という訳ですね。

とかく6月の梅雨時や8,9月の台風の時期は天候が変わりやすいので、あなたの休みにあった登山計画は複数立てておくことが重要となるでしょう。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です