登山靴・トレッキングシューズ

登山靴は登山で最も重要な装備の一つと考えてよいでしょう。
登山靴の選び方の基準としては、底が厚く堅いもの。
もしも底が柔らかいと、石にうまくフィットしてしまい、との接地面積が多くなります。
これって良いことのような印象を受けるのですが、かえって滑りやすくなってしまうのです。

私が購入した中国製の安物の靴は、底が柔らかく厚みがあまりないものでした。
以前ははモンベルの二万円くらいの靴を履いていたのですが、中国製の安物の靴に変えてからというものの、頻繁にこけるようになってしまいました。
底が柔らかいというのは、登山の場合滑りやすくなってしまうんだなと分かりました。

まさに安物買いの銭失いですねぇ。

その靴は底が柔らかいため、尖った石の上に足をつくと足の裏が痛みますから、あえて平べったい石を探し足をつかなければならないのも、かなり面倒でした。

底が厚く堅い靴の場合、尖った石の上に乗っても足は痛みませんし、底が堅いので一点に重心がかかり滑りにくいのもいい。

また、足首をひねらないように、足首まわりをしっかりとサポートするタイプのものをお勧めします。
特に私は依然アキレス腱を切っていますから、この点にはよく注意しています。

登山靴では、平地やのぼりの際は紐をゆるめておく。
逆に下りではきつく締めます。

締め方にもいろいろとコツがあり、足の甲の部分をきつく締め、足首から上の部分をゆるくしめるというのが、平地やのぼりの際は具合がよいように思います。
下りの場合は、甲の部分から足首上まできつきつに締める。

足首をひねりやすいのは下山の時ですから、紐をきつく締めて足首を保護するわけですね。

[モンベルのトレッキングシューズは実績があるので安心。金額は中国製の安物と比べると数倍以上の値段がするが、登山靴には自分の命がかかっているもの。安物はお勧めしない。]


靴ひもは切れにくく丈夫なものであることは当然ですが、お勧めは夜光タイプの靴ひも。
夜中にテントや山小屋で止まる際、真っ暗闇の中でもすぐに靴を見つけることができるのが良いですね。
山の中は町中では考えられないほどに暗くなるものですからね。

また、何故靴底が厚い方が良いというと、山の中で雨が降ったときに靴が濡れにくくなるためです。

以前山の中で豪雨にあったとき、普段の登山道が川のようになってしまい、水が靴の中に入り込まないよう神経を使いました。
靴底が厚ければ、多少の水たまりなどなんということもないのですが、その時履いていた靴は例の中国製。
底もあまり厚くない上に防水性能皆無。

下山する頃には靴の中は水浸し。

これでは困りますよねえ。

靴の中はかなり群れますから、ゴアテックスのように通気性がよく、湿気を外に逃がしつつも、撥水性能か高いものがベスト。
そのぶんお値段は張りますが、最重要装備なのでここはケチらない方がよいですね。


登山中は足の裏に負担がかかり、痛むこともあるでしょう。
オーダーの靴でも無い限り、市販の登山靴があなたの足にフィットしているとは限りません。
ですから、ショックを吸収するようなインソールを使用するのも足を保護するために有効ですね。

astora
  • astora

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です