登山の心得

登山の心得

野糞の覚悟・・・

さてさて、登山をする上で切っても切り離せないこの問題。 「もよおしてきたらどうするのか」 耐えるという方法もなきにしもあらず。 下山まであとわずかで、登山口にトイレがある事が確定している場合は、まぁ少しばかり我慢しても良いでし...
登山の心得

低酸素症(高山病)の後遺症

低酸素症(高山病)の後遺症としては、言語障害・運動障害・視野狭窄・四肢の麻痺・幻覚・健忘症がある。 そのため、高山病にかかった場合は「予後の管理」が重要である。 必ず医師の診断を受けること。 酸素欠乏症では脳の浮腫が急激におこり、意...
登山の心得

酸素不足に対する生体の反応

登山のように徐々に高度を上げていく場合や、高山に長期滞在する時、徐々に赤血球数やヘモグロビンが増加し、細胞の酸素利用の効率を高める酵素の働きが活性化する。 また、肺活量が増加していくなど、高度順化という現象が現れ、低酸素状態でも耐えられる...
登山の心得

酸素欠乏症について

酸素欠乏危険作業主任者、という資格を取得してきました。 酸欠について、色々と見識を深めることが出来ましたので、ここに酸素欠乏に関してまとめておきます。 人体は個人差もありますが、酸素濃度が16%を切ったあたりから、酸欠の症状が出始め...
登山の心得

時には諦める事も必要

登山は「死亡するリスクの高いスポーツ」であると言えます。 知人曰く「スポーツは競い合うモノ、登山はスポルト、だ」と言われました。 自分自身との戦いということですね。 日帰り登山で7時間ほど歩くと、65kgの私の体重が2kg減っ...
登山の心得

登りたい山を把握しよう

このサイトでは初心者である私が、百名山を攻略することを目指すサイトであります。 百名山といっても日帰りできる簡単な山から、3泊もしないと無理な山と、難易度が大きく違うものです。 まさに千差万別。 私はこのような百名山マップを作り、今...
登山の心得

マップは事前に頭に入れる

登山をする以上、どのくらいの時間がかかるのか、どの程度の標高差を登るのかといった登山行程は頭に入れておきたいですね。 また、主要な分岐路や施設の名称、水場など確認しておくべき事は沢山あります。 ここでは、事前にマップを「描き写す」こ...
登山の心得

登山計画はいくつも立てておく

山というのは、とかく天気が変わりやすいものです。 私の場合、天気予報で40%以上の降水確率が出ていれば、その山には行きません。 行きませんが、じゃぁ山をあきらめられるかというと、そうは行かない・・・。 やっぱ山登りたいんです。 すご...
登山の心得

山岳保険に入る

あなたは山に入るとき、保険に入っていますか? もしも保険に入らずに遭難した時、捜索にかかった費用を請求されてしまうことになります。 特にヘリコプターが使われた際にその費用は高額となり、300万円程を請求されてしまうことになるようです...
登山の心得

登山届けは必ず提出する

登山届け。 もしも登山届けも出しておらず、自分がどの山へ行くかという話しを周りの人達に話していなかったとしたら、どうなるでしょう? 遭難したあなたが2、3日実家に帰らず、家族が心配して警察に連絡。 しかし誰もあなたの行き先を知らない...
登山の心得

登山前の注意事項

登山前の準備をしっかりしていないと、登山中に「あっ、あの道具忘れた」といった状態になってしまいがちですね。 熊鈴を持ってこなかったとか、予備の靴紐を持ってこなかったといった事ならば大事には至りませんが、水や食料を忘れた・・・!なんてことに...
登山の心得

登山と写真

山の風景というのは美しく、是非とも写真に残しておきたいと思うものです。 私も山に行くときは、Canonのデジタル一眼レフカメラを持って行きますね。 以前はスマートフォンのカメラで十分、と思っていたわけですが、画質の違いとズームの違い...
タイトルとURLをコピーしました